Microsoft Excel で作ったUTF-8のCSVファイル編集マクロブック

暇つぶしによる、暇つぶしのための、暇つぶしマクロ。

EW-SYS.INFO

ウェブ系アプリの普及で

ブラウザ上で動くアプリのおかげで、日本語の標準的な文字コード「Shift-JIS」ではない文字コードで、CSV形式のファイルを入出力するけしからんアプリが増えてきました。

Microsoft Excelの標準機能でも、UTF-8のCSV形式のファイルを保存できるけど、バージョンによっては、Shift-JISのままだったりと怪しい働きをすることもあります。

開いて、直して、また保存するが簡単にできないかな?

いままで、Microsoft Excelで、出力したShift-JISのテキストファイルを、また別のテキストエディタで開いて、文字コードを変換して上書き保存するような面倒くさい方法が、一般的?だったのだが、もっと簡単にできるんじゃね?そこで、いつもの如く、つくってみた。

UTF9Editor.xlsm

zip形式の圧縮ファイルなので、ダウンロードして解凍してください。

解凍すると、UTF8Editor.xlsmというMicrosoft Excelのマクロ有効ブックが入っています。

解凍されたファイルを開くと、セキュリティ警告でマクロが無効化されるはずです。できれば、そのまま「有効化」せずに、まずは「パスワード生成」に紐づけられたマクロのソースコードを読んで、このマクロが安全かどうか自身で判断してから、有効化を行ってください。

このマクロを含むファイルで、なんらかの損害を被っても、当方では責任を負いません。そんなことは無いと自負していますが、万が一のために意思表示しておきます。

あと、公開したマクロのソースコードに関して権利を主張しませんので、ご自由に改変して金儲けに使えるなら、使ってみてちょ。

機能の特徴

  • マクロブック有効ファイルを開くと、開きたいUTF-8のCSVファイルを指定するためのダイアログが表示されます。ファイル選択をキャンセルすると、このブックが閉じられる。
  • CSVの内容をシート上に読み込んでくるので、値の確認や修正ができます。
  • ブックを閉じると、今度は内容を保存する場所を指定するダイアログが表示され、指定先に保存できます。

動作環境が、表計算ソフトなので、表形式で編集もしやすいでしょ。

使っているマクロのソースコード

今回は、載せてません。開いて保存するだけのソースコードなので、自分で覗いてください。決して面倒くさい訳じゃないのよ・・・。メンドクセーワケジャナイヨ。

わたしどものソースコードを含むファイルをダウンロードした場合、その機能を強化するのは、あなた自身です。

scroll page top ▲