Microsoft Excel で作ったUTF-8のCSVを開いて、UTF-8で保存するマクロブック UTF8Editor.xlsm

web系アプリの普及がさ

クラウドとかwebアプリとかのおかげで、日本語の標準的な文字コード「Shift-JIS」ではない文字コードで、CSV形式のファイルを入出力するけしからんアプリが増えた。

単純に開いて直して保存したいから

Microsoft Excelの標準機能でも、UTF-8のCSV形式のファイルを保存したら、なんか思ったのと違うから、UTF-8で開いて、編集して、また保存できるマクロブックをつくってみた。

多分、大丈夫!

ネットでダウンロードしたツールは、自己責任で動作確認するのは、当然のこと。そんな事もしないから、悪意にやられるんだよ。

ダウンロード

例のごとく、zip形式の圧縮ファイルだから、ダウンロードして解凍すること。解凍されたマクロブックを開いて、セキュリティ警告でマクロが無効化されたら、有効化すれば良い。

免責事項

なにか不具合があって、何らかの損害を被ったとしても、当方は一切の責任は負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください