要らぬものは要らぬ

追うことに時間を割かない

時代の変遷とともに流行りモノは移り変わる。流行りものばかり追いかけていると、追いかけることに時間が消費されてしまう。

EW-SYS.INFO

流行りモノには廃りがくる

 当時、流行ってたんだけど・・・というものは多い。
 流行りモノには、何べんも廃れては、また流行ってを繰り返すモノが多いということは、ファッション業界のこれまでを振り返れば明確である。
 そこで、流行りモノを追いかけるのではなく、その流行りモノが流行った理由を考えた方が、流行りモノに振り回されなくて済む。
 ファッションで言うならば、制服思想(みんなと同じ格好をしていれば良いという考え)をやめ、自分に合った格好をすれば、シーズンごとの出費が減るかもしれない。もしかしたら、先取りも可能になるだろう。

受ける側から与える側へ

 流行りモノには、必ず提供した者が居る。自然発生する流行りモノは、病原菌ぐらいではないだろうか?(※現在の科学力なら任意に生み出すことも可能)
 流行りモノに対価を支払う側から、流行りモノを提供し対価を得る側になれるか否かは、その本質を理解するところから始まる。
 まずは「それがなぜ流行るのか?」ということから考えはじめてみると良い。

 ひとつの疑問の答えを見つけると、また次の疑問が生まれ・・・
 その繰り返し、疑問の歩みを止めなければ、やがて、流行りモノに揺るがない与える側へ、きっと辿り着けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください