AppleIDスゴイネ!!

 この度、macbookの購入を機に、AppleIDを取得しました。まあ、ここまでだと単なるご報告?になるんですが・・・

 なんと今回、新しく取得したAppleIDで、AppStoreやら諸々のAppleのサービスにログインできない!という障害に躓いてしまったのです。ひと晩、試行錯誤して、Appleのサポートに助けを求めると・・・

 う~ん。とサポートと一緒に悩むことに。

 結局新しいアカウントを作成して、新しいアカウントならログインできるから、元のアカウントに削除依頼だしたところまで確認してもらって、これで動きそうだね!で解決♪解決♪と、「とても助かりました。ありがとうございました。」と謝意を示しながらサポートとの電話を切ったあと・・・。

 ログインはできたけど、アプリのダウンロードができない!

 またサポートに連絡を・・・と考えたが、結局のところ原因は不明。それなら連絡をいれても、一人分のマンパワーの浪費でしかない。ここは自分で解決してみようということにした。

おかしなところはないか考えてみる。

  • 通信回線は繋がっている。
  • macbookのAppleIDへのログインはできる。
  • Appleのウェブサービスにはログインできる。

 この辺りはサポートと確認していたことだから、どうもおかしな要素は無さそうである。

 アカウント自身に問題があるのでは無かろうか?と思ったところで、思い出す。昔、AppleID持ってた。

 当時、まだスマホなるモノを持っていたころ、使っていたのが、iPhoneだったからAppleIDを利用していた。スマホ卒業と同時にアカウントを削除したかったのだが、あの頃、アカウントの削除が、今ほど容易ではなかった。削除できないなら支払方法などの情報を消して、まっさらな状態で放置をしていたのだった。

 アカウントには、本人確認用の電話番号が関連付けられている。その番号は今も変わらない。そして、新しく作った2つのアカウントもその電話番号となれば・・・まさかなぁ。

 結局、新しく作ったアカウントを、今は容易になった削除依頼で消して、放置してあったアカウントを利用してみることに。

 おおおお!正常に作業できたー!!

 今回、アカウント認証の電話番号が同じだったため、新しいアカウントが、古いアカウントに干渉(同一視か近似値視され)して、ログインやサービスが利用できない不具合が発生したのかもしれません。
 結局のところ、Apple社のシステム管理者ではないので、本当のところは判りませんが、自分の知る範囲、考えつく範囲の中で納得できるこたえ(理由)になったので、これで良しとしましょう。

 サービスも問題なく使えるようになったので、終わりよければ、すべて良し!という感じでしょうか。

 なお、放置していたアカウントのログインパスワードは、ちゃんと変更しておきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください