クレジットカードのセキュリティが優秀過ぎる

 いつも利用しているメーカーでクレジットカード決済したら、「決済できません」と連絡が来る始末!

 えっ!?限度額越えた?と不安になり、クレジットカードの限度額を確認。

 すると決済金額の10倍以上の余裕が、限度額に残ってる。

 支払いが滞った?と不安になり、銀行口座の入出金明細を確認。前日に利用金額は引き落とされている。

 むむむ。クレジットカード会社に対して、こちらの不備は無さそうだ・・・。

自身に不備が無いからクレジットカード会社に電話する

 自身に不備が無いことが確認できたので、意気揚々とクレジットカード会社の窓口に電話することに。

 ・・・大変、混みあっています。しばらくお待ちください・・・

 10分近く待たされて、やっと繋がる窓口。お金扱う会社の窓口が、混みあって待たされるのは、いかがなものかと常々思う不満。折り返し連絡機能とかあって良いんじゃないだろうか。

 決済できなかった取引の内容を告げると

 「こちらでセキュリティロックをおかけしました。ご本人様確認がとれましたので解除します。」

 とのこと。

 セキュリティロックとは、不正利用されたのではないか?という疑いのある取引を、個々に精査して止めるそうで、窓口では細かい条件は判らないけど、セキュリティ強化の仕組みなんだそうだ。・・・去年は一度も無かったよね。おお!年々、クレジットカードの不正利用に対する強化が進んでいるんだ!!

 利用者の安心安全のために日々精進しているなんて、まったくもって、ありがたや~ありがたや~なのである。

 しかし、ロック解除の手間が時間がかかりすぎる!!決済の容易さで利用しているハズなのに、現金決済より時間と手間がかかりすぎる!決済の所要時間的に考えれば、現金をお財布からポンッと出した方が、断然早い。

 クレジットカード決済のメリットはいずこに~

 その答えは、ご利用ポイントの累積です。

ロックを解除してもらったので、今度は決済できなかった取引先へ連絡

 こちらの窓口も混みあっていたけど、折り返し連絡機能があって、電話がかかってくるのを待つだけ。

 保留音を聞き続けるより、かかってくるのを待つ方が、精神的によろしい。

 待つこと数分、電話がかかってきて、事前に取引番号を伝えていたので、話が早い。・・・しかし、こなれている感に少し怖くなる。

 セキュリティロックを解除してもらったんで、決済進めてください。ですんなり手続き終了。はやっ!

 ちなみに、御社はこんなこと多いの?って聞いてみた。

 昨今のクレジットカードの不正利用によって、こういったケースは正直、少なくありません。特に転売しやすい商品であったり、1注文当たりの単価が高いほうの部類なので。

 去年はそんなことなかったのにね。

 日々、セキュリティ強化で仕組みが改善されていますから、もしかしたら次回のお取引でも、今回のようなことが起きるかもしれません。その時は、また今回のようにセキュリティロックの解除をしていただくようになります。

 まあ、安全を担保してもらえるなら、電話をかける手間と時間を惜しんじゃいけないね。いつも利用させてもらっているから、またよろしくお願いいたします。と言って、注文の手続きを進めてもらいました。

結局、お年寄りに優しい仕組みか?

 いわゆるクレジットカード慣れしていない利用者にとって、この手の案件は、先にも書いたような不安を煽るだけでなく、本人によるクレジットカードの利用率を低下させる事に繋がる。
 そもそも、セキュリティロックのことについて、利用者にわかりやすい説明や案内が、わかりやすく告知や公開がされていないのである。訳の判らないことが起きれば、せっかく便利な決済方法であっても、「いつもニコニコ現金払い!」の方が、目に見えて判りやすいのだから、「クレジットカード?そんな使えないモノ」という評価に成り下がる。

 せっかくクレジットカード決済に明るくない利用者の安全を確保するための仕組みなのだから、その利用者に対するケアも判りやすいものにしてもらいたい。

 今回のことで、つくづく思ったのは、明るいところの人間に、明るくないところは見えにくいものだ。ということ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください