EasyWork-SYStem

もっと簡単にしてよ!を叶えたい

SQLコマンド文法集

 SQLコマンドの基本文法を、よく忘れてしまうので記しておきます。

データ挿入

 field1value1field2value2を代入し、tablename1に行データを挿入する。

INSERT INTO tablename1 ( field1 , field2 ) VALUES ( value1 , value2 )

 tablename2からfield1value1value2の間に含まれる行データのfield2field3を抽出し、tablename1に行データを挿入する。

INSERT INTO tablename1 SELECT field2 , field3 FROM tablename2 WHERE field1 BETWEEN value1 AND value2

データ更新

 tablename1field1value1の行データのfield2value2field3value3を代入して更新する。

UPDATE tablename1 SET field2 = value2 , field3 = value3 WHERE field1 = value1

データ削除

 tablename1field1value1の行データを削除する。

DELETE FROM tablename1 WHERE field1 = value1

データ検索

 tablename1からfield1value1の行データをfield1の昇順で抽出する。

SELECT * FROM tablename1 WHERE field1 = value1 ORDER BY field1

注記

 必要に応じて、加筆していきますが、あまり細かく書き記すと、データベースごとにあるSQL方言によって支障が出てくるので、基本的な文法だけにとどめています。


EasyWork-SYStem

 日々の煩雑な業務を簡便にすることを目的に、IT関連の機器導入などの設備構築から、業務システムのアプリケーション開発など、様々なIT業務サポートを請け負っております。


privacy policy

デル株式会社

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

プレミアムバンダイ