EasyWork-SYStem

もっと簡単にしてよ!を叶えたい

カテゴリー機能

 投稿ページにだけカテゴリーを表示したかったので、if文を使って表示ページが投稿ページであるか判定して、投稿ページであった場合にだけ、その投稿のカテゴリーが表示されるようにしてみました。

 下のコードをテンプレートに組み込みます。サイトの趣旨によるカテゴリーの重みによって、組み込む箇所は決まるでしょう。

<?php if( is_single() ): ?>
    <?php the_category(); ?>
<?php endif; ?>
is_single()投稿ページか判定
the_category()カテゴリーへのリンクを出力
WordPressの関数

 カテゴリーへのリンクは下のように出力されました。

<ul class="post-categories">
    <li><a href="~" rel="category tag">~</a></li>
    <li><a href="~" rel="category tag">~</a></li>
</ul>

 ulタグにpost-categoriesというclassが付与されていましたので、以前書いた箇条書きのCSSを参考にCSSを組んで整えます。

.post-categories {
    display: flex;
    justify-content: right;
    list-style-type: none;
}
.post-categories li:not(:last-child) {
    margin-right: 1em;
}

 これでカテゴリーの箇条書きが、横並びの右寄せになりましたので、あとはお好みで装飾を施せば機能的に問題なしです。


EasyWork-SYStem

 日々の煩雑な業務を簡便にすることを目的に、IT関連の機器導入などの設備構築から、業務システムのアプリケーション開発など、様々なIT業務サポートを請け負っております。


privacy policy

デル株式会社

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

プレミアムバンダイ